都心に近く生活便利!でも注意が必要な沼袋の真実とは?

概要

東京都中野区沼袋は、都心からやや離れた住宅地域です。沼袋駅や方南町駅があり、都内へのアクセスも比較的便利です。

中野区の北部に位置し、東部と南部は妙正寺川を境に、東部は中野区松が丘、南部は中野区新井に接しています。西部は中野区野方に接し、北部は新青梅街道を境に中野区江古田に接しています。主に住宅地として利用されており、町域内には西武新宿線沼袋駅があります。また、新青梅街道沿いなどにはバス路線が設定されています。

沼袋は、商店街やスーパーマーケット、飲食店などが多くあり、生活に必要な施設が揃っています。また、隣接する中野区や杉並区にも出かけやすく、様々なショッピングやレジャーの場所があります。

沼袋には、小さな公園やスポーツ施設もあり、子育て世帯やスポーツ愛好家にも適した環境です。近年は、新しいマンションやアパートが建設され、若い世代の住民も増えてきています。

ただし、沼袋は鉄道の高架橋の下を通る道路が多いため、交通量が多く、騒音や空気の汚染も問題となっています。また、沼袋は多摩川に近く、台風や集中豪雨の際には水害が発生する可能性があるため、災害に対する備えも必要です。

総じて、東京都中野区沼袋は、都心に近く生活に必要な施設が揃っている一方で、交通量や災害リスクにも注意が必要な地域といえます。

歴史

沼袋は、江戸時代には「丸山村」と呼ばれる小さな村でした。江戸時代末期には、沼袋周辺に醤油や味噌の製造業者が多く集まり、沼袋は製造業の中心地として発展しました。代表的な醤油製造業者には、丸山醤油店や三和醤油店などがあります。また、当時の沼袋は「くさかり村」と呼ばれる、木炭を作る村でもありました。

明治時代に入ると、沼袋周辺には鉄道の工場や車両の修理工場が進出し、沼袋は鉄道交通の要所として発展しました。代表的な工場には、西村車輛工場や高田工場などがあります。また、当時の沼袋には、大道芸が盛んで、安来節の名人として知られる「安来屋三左衛門」が住んでいました。

第二次世界大戦中には、沼袋も多くの被害を受けました。戦後には、市街地の復興が進み、商店街が形成されました。代表的な商店街には、沼袋親交会商店街などがあります。

地域住民による活発な地域活動としては、沼袋親交会があります。沼袋親交会は、1922年に結成された歴史ある地域団体で、現在も活動を続けています。また、沼袋自治会も活発に活動しており、地域の防災やイベントの開催などを行っています。

鎌倉大草紙


「鎌倉大草紙」は、鎌倉・古河公方を中心に扱った室町時代の歴史書・軍記物で、100年間の歴史を記している。全3巻で、戦国時代初期に書かれたと推定されている。作者は不明だが、東常縁の関係者を著者と推定する説がある。

上巻から下巻の1までには、鎌倉公方足利氏に忠実な臣下としての関東管領上杉氏を賛美する記述があるが、下巻の2では千葉氏に関する記述が増えることから、作者が異なる可能性も指摘されている。

上巻には、上杉憲春の諫死事件や甲斐武田氏の内紛などが扱われ、中巻は永享の乱・結城合戦、下巻は享徳の乱が扱われている。また、中巻は「結城戦場記」(「永享記」)とほぼ同文であり、別の書籍から補われた可能性が高いとされている。

江古田・沼袋原の戦い

江古田原・沼袋の戦い(えごたはら ぬまぶくろ の たたかい)とは、中世日本で起こった合戦の一つ。戦国時代初期の文明9年4月13日(ユリウス暦換算:1477年5月25日)、武蔵国多摩郡の江古田原および沼袋(現在の東京都中野区江古田・沼袋付近)にて、太田道灌と豊島泰経との間で行われた[1]。長尾景春の乱における局地戦の一つ。

当時唯一の記録である『太田道灌状』には戦場となった場所が「江古田原」と記されており、のちにこれを下敷きに書かれた『鎌倉大草紙』で「江古田原沼袋」となっている[2]ことから、研究者の間では一般に「江古田原合戦」と呼ばれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8F%A4%E7%94%B0%E3%83%BB%E6%B2%BC%E8%A2%8B%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

人口統計

年度 人口(人) 男性(人) 女性(人)
1920 4,853 2,527 2,326
1930 16,659 8,786 7,873
1940 32,396 16,899 15,497
1950 43,748 22,121 21,627
1960 57,392 28,638 28,754
1970 67,689 33,053 34,636
1980 67,257 32,248 35,009
1990 66,426 31,759 34,667
2000 63,128 30,049 33,079
2010 59,266 28,114 31,152
2020 59,281 28,072 31,209

施設

明治寺

大正時代に明治天皇の病気平癒を祈って観音菩薩石像が建立され、百観音霊場を築くことが決まり、現在では百八十体以上の観音像が境内に建立されている東京都中野区沼袋二丁目にある真言宗東寺派の寺院が明治寺です。

境内の一部は区に貸与され、百観音公園として開放されています。明治寺には毎年節分会、花まつりコンサート、献灯会などの行事があります。また、献灯会では参拝者が灯明を購入して好きな石仏に供え、収益はユニセフなどへ寄付されます。

実相院


実相院は東京都中野区にある寺院で、1352年に矢島氏によって創建された。矢島氏の菩提寺であるため「矢島寺」とも呼ばれ、現在でも檀家の半数以上が矢島姓とのこと。寺勢は浮き沈みが激しく、幾度も中興を繰り返している。明治以降は梅照院の兼務寺にもなった。

禅定院 

東京都中野区にある実相院は、矢島氏の開基により1352年に建てられた寺であり、矢島氏は南朝方として室町幕府と戦っていたが、敗北を喫し当地に落ち延びたとされている。

矢島氏の菩提寺であることから「矢島寺」とも呼ばれ、現在でも檀家の半数以上が矢島姓である。当寺は寺勢が浮き沈みが激しく、幾度も中興を繰り返しており、明治以降は梅照院の兼務寺になったこともある。

近隣施設

沼袋駅周辺には、観光スポットとして以下のようなものがあります。

  • 中野ブロードウェイ:中野駅から徒歩圏内にある複合商業施設。中古のアニメグッズや漫画、レコードなどが揃うことで有名です。
  • 新宿御苑:JR中央線沿線で最も近い駅である沼袋駅から徒歩圏内にある、都心にある広大な公園。季節ごとに異なる花々が咲き誇り、多くの人々に親しまれています。
  • 中野サンプラザ:沼袋駅から徒歩圏内にある、コンサートホールやイベントホールなどがある文化施設。様々なジャンルのアーティストがライブを行っています。
  • 中野区立中央図書館:沼袋駅から徒歩圏内にある図書館。蔵書数が多く、様々なジャンルの本が揃っています。

その他、飲食店や商業施設も多くありますので、散策するだけでも楽しいエリアです。

地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です